梅乃屋のふく

日本海で育った本とらふく

厳寒の日本海で育った本虎ふく

ふく

ここ山口県の名産と言えば、ふく。
梅乃屋周辺でも、9月初旬からふくを提供するお店が増えてきます。

しかし、梅乃屋がふく料理を始めるのは、10月初旬から。
申し訳ありませんが、それより前ではふくを出すことができないのです。

その理由は単純明快、暑さが和らぎ、秋口になってからのふくが
一番おいしいから。
残暑の時期のふくと10月初旬に入ってからのふくは、確実に味が違うのです。

11月以降のふくは、ますます旨みを増し、味、食感、ダシの出方…何を取っても最高。
それに、ふく鍋には欠かせない「白菜」も、10月〜11月に入らないと
瑞々しくて美味しいものは手に入りません。
9月でも、ふく料理をメニューに組み込むことはできます。
しかし、「旬ではないふく」と「旬ではない白菜」を、「味の宿」である梅乃屋が
お客様に提供するわけにはいかないのです。

頑固と思われるかもしれません。
しかし私共は、お客様に最高のふくしか食べていただきたくないのです。
本物のふくしかたべていただきたくないのです。

てっさ てっさ てっちり

季節のお料理 旬の魚とたっぷりの地野菜

旬のお魚 旬のお魚 地野菜を使ったお料理 お料理

大量生産できない。機械的には作れない。それが、「旬」ということ。
その季節ごとの、その気候ごとの、その日ごとの自然の恵みを調理し、体に蓄える。
それが、本来の食の姿。

梅乃屋は「旬のもの」だけ、すなわち「おいしくて体に優しいものだけ」
をお出しすることを、約束します。

デザート 苺のムース 梅乃屋 旬のお料理
お寿司 鍋物 お料理
梅乃屋のお料理について お料理Q&A

食べ物の好き嫌い、アレルギー等何でも仰ってください

(高度アレルギーについては、対応できない場合がございますので、
詳しくはご相談ください。)

梅乃屋で使う食材は全て、大切に育てられてきた、命あるもの。
命あるものをいただくのですから、
一番美味しく、一番美しく調理し、
お客様に召し上がっていただきたいと思います。
そして、梅乃屋は「湯の宿 味の宿」ですから、料理は看板のひとつ。
その看板に恥じない料理を提供するため、日々切磋琢磨しております。

1970年、広島県生まれ。
料理人を志し、寿司や会席料理等の和食を中心に修行を積む。

ふく料理 たけのこ 海の食材

このページの先頭へ